2007年01月19日

液晶に映る君

暗がりの中
数インチの液晶に
映し出される君を

こんなにも
こんなにも、愛しいと思う

どれだけ電波に乗せても
伝えきれぬ
君への溢れる想い

今夜も僕は
液晶画面越しに
君のことを
こんなにも愛してしまう
posted by sun at 23:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

ねぇ、

僕のことを思うばかりに
自分の感情を
押し殺さなくてもいいよ

ねぇ、もっと甘えてきて
ねぇ、もっと嫉妬させて
ねぇ、もっと愚痴言って
ねぇ、もっと弱みを見せて
ねぇ、もっと曝け出していいんだよ

君の全てを
受け止めて愛したいから

どんな時でも
どんな君でも

ねぇ、どうしようもないくらい
愛してるよ
posted by sun at 21:06| Comment(9) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大切な時間

朝、目覚めた時
休憩している時
ご飯食べている時
信号待ちしている時
家に帰ってきた時
テレビのCMの時
お風呂に入っている時
眠る時

そして今、こうして君への
想いを書き綴っている時

君のことを考えている時が
僕の一番大切な時間
posted by sun at 16:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

間違った救い

間違っていることと
わかっていながら

自分を責めることでしか
自分を救えない自分が

ただ、悲しく辛い
posted by sun at 04:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

試される弱い心

こんなに不安な夜は
少しでもいいから
君の愛を感じていたかった

暗がりの中
来るあてもない
君を一人待っている

繰り返す波のように
不安や絶望感が
満ちては引き
満ちては引き
僕の弱い心を試そうとする

自業自得の本当の意味を
僕はやっと理解することが出来た

僕はいったい
何を試されているんだろう
posted by sun at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

罪と罰

愛する人の
大切な逃げ場所まで
僕は奪ってしまった

そんな愚かな僕は
今、自分の大切な人まで
失ってしまうかもしれない
不安に駆られて闇に落ちていく

二度と同じ過ちを
繰り返さないように
愚かな僕に
誰か罰を与えてください

posted by sun at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

自分勝手

僕が悪くないのなら
そんな僕を許してくれるのなら

泣くのをやめて
愛してると言って
いつもみたいに優しく笑って

自分で傷つけておいて
どこまでも自分勝手な僕の想い
posted by sun at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お互いに
自分を責めるのは
もう、やめよう

二人とも
悪くないんだから

今の二人に
一番必要なことは

自分自身を許すこと
posted by sun at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ごめんね・・・。

ごめんね・・・
辛い思いさせておいて
今更だけど
本当にごめんね・・・

責めるつもりなんて
これっぽっちもなかった

ただ、いつだって
君の中で一番を感じたい
それだけなんだ

こんなに愛されているのに
わかってるはずなのに
抑えることが出来なかった切なさ

言い訳じみた
余計な言葉は、もう言いたくない

とにかく今は
力いっぱい君を抱きしめたい

この、わだかまりが解けるまで
posted by sun at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

理性と欲望

自分の想いを素直に
伝えれば伝えるほど
求めれば求めるほど

君を負担に
感じさせてしまう
追い詰めてしまう

今夜も自分の
理性と欲望の争いの中
僕は無理やり眠りにつく
posted by sun at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陽だまり

冬の空に
君を想い描いて
両手を伸ばした

身体に
吹き付ける風は
寒く厳しいけど
僕の心は温かい

君と言う
陽だまりの中に
僕はいるから


posted by sun at 00:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

愛の言葉

どうしようもない
切なさが
欲深い僕の心を襲う

早く君に会いたい
早く君の声が聞きたい

でもそれ以上に
今はただ、今年最初の
「愛してる」の
君の言葉に触れたい

文字だけでもいいから・・・
posted by sun at 05:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

居場所

太陽のように
何度でも昇るから

そして君だけを
優しく包み込み
輝き照らすから

君が安らげる
居場所に僕がなるから

僕を信じて
永遠の愛を
教えてあげるから
posted by sun at 02:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

覚悟

愛してる
あいしてる
アイシテル

どんな時も
どんな君も

だから
せめて僕の前じゃ
嘘偽りの無い
ありのままの君でいて

君の全てを受け止めて
永遠に愛する
覚悟は出来ているから
posted by sun at 03:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

どうしようもない気持ち

満たされたと思ったら
急に切なさに襲われたり

なんでこんな
気持ちになるのか

どこまでだったら
君を愛していいのか?
君を求めていいのか?
自分じゃわからないよ

ただ、確かなことは
こんなに愛した女性は
君が初めてだということ

応えられなくてもいいから
この想いだけは止めないで
posted by sun at 10:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

君の全てが

突然溢れ出す
君への愛

恥ずかしいから
素直に言えなくて

馬鹿なこと言って
誤魔化す君への想い

「君の全てが欲しい」

嘘でもいいから
「いいよ、全てあげる」
と言って欲しい

せめてこの場所だけでも
posted by sun at 03:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

余韻

君と一緒にいると
時が経つのは早いけど

君と別れた後も
僕の心は長い時間
君の愛で満たされ続ける

君がいなくても
僕の心にずっと残る

二人の愛の余韻
posted by sun at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

どこまでなら

どこまでなら
求めてもいいんだろう

どこまでなら
愛していいんだろう

どこまでなら
君の心に踏み込んでいいんだろう

近づくに近づけない運命の壁
ただ、君の一番の支えになりたい


posted by sun at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

会いたい

君の前では
嘘はつけない

君の前では
この想いは隠し通せない

今はただ
君にすぐ会いたい
posted by sun at 02:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

その想いだけ

愛してる

いつだって
その想いだけ伝えたい


愛してる

いつだって
その想いだけ感じていたい

でもそれ以上に
君とこのままずっと一緒にいたい

こんなにも愛してるよ
posted by sun at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。