2008年01月29日

君の存在

心配かけちゃうといけないし
忙しいのわかっていたから
君には言っていなかったんだけど
最近、いろいろあって少し疲れていたんだ

言葉にならない
マイナスな感情がグルグル
頭の中を駆け巡ってた

でも、そんな時に
何気ない君の優しさや
君の存在や愛に触れると
マイナスの感情が消え去るんだ

うまく言葉にできないけれど
どんな時でも
どんな僕でも
いつもと変わらず
温かく包み込んでくれて本当にありがとう

今、君は何を考えている?
僕はこんなにも君のことを考えているよ
posted by sun at 22:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

日付変更

日付が変わったと同時に
大好きな君へ
「おめでとう」のメールを送りたくて
君のことを想いながら
ただ時が過ぎるのを待っている

あともう少しで君の誕生日
posted by sun at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

キャンドル

どんな時でも

互いの心に

希望や愛の光を

灯して生きていこう



消えることのない

永遠の灯火を
posted by sun at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

流れ星

伝えきれない愛を

夜空に解き放つ



あなたが夜空を見上げた時に

この想いが流れ星に形を変えて

降り注ぐように
posted by sun at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

遠回り

少しでも
君と一緒にいたくて

いつもの帰り道
ふたり遠回りして帰ったね


散りゆく桜
ゆらめく陽炎
切な色の黄昏時
身を寄せ合った粉雪

永遠だと信じていた
二度と帰らぬ二人の四季
posted by sun at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

タイムリミット

閉鎖されたあの場所も
二人だけのこの場所も

僕にとっては
すごく大切な場所だった

君にとっても
すごく大切な場所だったと信じてる

あの頃はいつの日か
この場所に君が戻ってくるような気がしてた

でも今はもう
この場所には君は戻ってこないような気がしている

タイムリミットが迫る残り数日間
僕はまた新たな決断をしなければならない

自分のためじゃなく
君を負担にさせないための決断を
posted by sun at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっと強く

僕と君の心の距離がどんなに近くても
君には君の生活があって
僕には僕の生活があるから

抱えきれないこの想いが
どんなにあがいたって
叶うことはないことを僕は知っている

でも僕には君が必要で
君からも同じくらい必要とされたくて・・・

多くを求めているつもりはないのに
なんでかな?

最近、君を遠くに感じることがあって
言葉にできない思いに押しつぶされちゃいそうになる


こんなんじゃダメだよね?


もっともっと僕は強くならなきゃ
posted by sun at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

いいよ

いつもの元気がないような気がして
君に「大丈夫?」って
何度も言いかけたけど僕は
その言葉を飲み込んだ

いつも元気じゃなくてもいいよ
いつも笑ってなくてもいいよ
せめて僕の前くらい

どんな君でも
すべてすべて受け止めるから
posted by sun at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

君のすべてが

どんな君でも
どんな時でも
君のすべてを愛しているよ

理屈なんかじゃなく
こんなにも君のことが好きだから
posted by sun at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

閉じた携帯

行き場を失った感情
押し潰されちゃいそうな心

何度も君に
メールを送ろうと思ったけど
君に弱音を吐いてしまいそうで
君を困らせてしまいそうで
開きかけた携帯を静かに閉じた
posted by sun at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

出会った頃の二人のままで

君とこうなることを
望んでいたのに

君の存在や愛が
当たり前になってしまうのが怖い



でも本当に一番怖いのは
僕の存在や愛が
君にとっての
当たり前になってしまうこと
posted by sun at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

君のために

僕が君の幸せのために
してあげれることって何なのかな?

・・・なんて
真剣に考えてみた
陽炎揺らめく夏の昼下がり
posted by sun at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

天の川

伝えたい想い
伝えきれぬ想い

そんな
どうしようもない想いを
夜空にそっと浮かべる

この想いを
どれだけ夜空に浮かべれば
天の川ができるのかな?

天の川を渡って
早く君に会いたい
posted by sun at 08:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大切な存在

今日も君の存在に救われた

君はどんな時でも
どんな僕でも受け止めてくれるから


人は誰かに認められるだけで
こんなにも強く生きられる
posted by sun at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

寄り添いながら

君は間違ってなんかいないよ
君はもっと幸せになっていいんだよ

僕に出来ることといったら
限られているけど
どんな時でも君の傍にいるよ
たとえ触れられない距離だとしても

声にならぬ想いや
一人で抱えきれぬ悩みは
この僕にも預けてほしい

どんな君でも
輝き照らすから
包み込むから

見上げた空に浮かぶ
太陽のように
月のように

君の心に寄り添いながら
ずっと永遠に
posted by sun at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

こんなにも

こんなにたくさん話しても
こんなにたくさん心の中で触れても

もっと・・・
もっとたくさん
君のことを感じたくなる

一度でいいから
僕の気が済むまで君のことを愛したい
posted by sun at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

もっと

こんなこと言ったら
君を困らせてしまう。

満たされているのに
もっと君のことを感じたくなる
もっと君の全てを欲しくなる

ねぇ、言葉だけでもいいから
その場しのぎでもいいから

もっと僕のことを愛して
もっと僕を求めて

たとえ僕らが
触れられない距離だとしても
posted by sun at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

残されたままの足跡

まだ君がいたころの
足跡を見つけてドキッとした。

いまだに君の
言葉や存在が忘れられないでいる。

いつか君が僕に言ってくれたよね
「また落ち着いたら遊びに来るから」と。

きっと君のことだから
もう、ここには来ないような気がしてる。

でも、僕は待つことしかできない。

また、あの頃のように
君の言葉や存在を感じていたいから。

今度こそは、君を手離したりしないから。
posted by sun at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

足りない色

赤・白・黄色
黒・青・茶色
緑・紫・オレンジ

目の前に映る世界には
こんなにも
たくさんの色が溢れているのに

君の色だけが足りない

posted by sun at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

見上げた空

春の足音が
気付かないうちに
近づいてくるように

君への想いも
気付かないうちに
どんどん強くなっていく

その想いに
比例するかのように
僕が空を見上げる
回数も増えていくんだ

見上げた空には
力強く輝く太陽
優しく足元を照らす月
夜空を彩る四季の星座

今日も空を見上げて
遠く離れて暮らす
大好きな君のことを感じる

心は誰よりも一番傍にいるから
posted by sun at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。