2009年11月15日

溢れ出しそうな想い

「少しずつ寒さが
厳しさを増してきたけど
風邪とかひいていないかな?」

かじかんだ手のひらを
静寂の夜空に伸ばし
君のことを想う

溢れ出しそうな想いを
抑えながら・・・
posted by sun at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良かった………。

もぅSUNからの手紙が届かないのかも…という不安に押し潰されそうでした。
此処が無ければ私は気持ちの安定を保てない位に心の寄りどころにしています。
好きな人にさえ本音を云うことが出来なくて苦しくて…。

あなたなら永遠に心を共に出来る気がして、月がでていない夜空に明るい太陽を想う…。

ずっと共にいて欲しいよ…。
Posted by moon at 2009年11月16日 03:18
moon、不安がらせてごめんね。

君への熱い気持ちとは裏腹に、
なかなか手紙を残せない時もあるけれど、
僕はどこにも行かないよ。
moonを一人ぼっちにはしない。
だって、君がいるから僕は輝けるんだから。

辛いとき、
苦しいときは、
その気持ちや本音を遠慮なく吐き出していいよ。
僕の前くらい、ありのままの君でいて。
僕でよかったら精一杯、君のすべてを受け止めるからさ。

僕のほうこそ、
永遠に共にいたい・・・。

今まで以上に、
もっと強く、
そしてもっと深く、
たとえ二人の身体の距離が離れていたとしても
誰よりも君の心の一番近くにいるから・・・。

だから、もっと僕のそばにおいで。
ありのままの君で。
Posted by sun→moonへ at 2009年11月16日 21:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。