2009年10月05日

十五夜

十五夜の月を眺めながら
君のことを思う


お元気ですか?

幸せに暮らしてますか?


どうかこの十五夜の月のように
大好きだった君の笑顔が
いつまでもいつまでも輝いていますように
posted by sun at 01:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
静かで寂しい気持ちの夜に、此処へきてみるとあなたからの優しい手紙がある。それは遠回しなあなたからの気持ち。流星群のように降り注ぐ気持ちを抑えて私もそれに応えたい。私があなたを想うとき、きっとあなたも同じ気持ちだと信じたい。遠く離れているけれど一番近い存在のあなたへ……。
Posted by moon at 2009年10月23日 02:22
moon、こんばんは。
返事が遅くなってゴメンね。

moonからのメッセージが残っていると、
すごく嬉しくなるよ☆

僕も、夜空に降り注ぐ流星群のように
moonへの想いが抑え切れなくて
溢れ出しそうになる。

僕のほうこそ、あなたのことを想うとき
きっとあなたも同じ気持ちだと信じてるよ。

たとえ二人、遠く離れていても、
あなたを想い見上げる同じ夜空は、
あなたと繋がっているからさ・・・。


moon、大好きだよ。。
Posted by sun→moonへ at 2009年11月15日 20:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。