2008年08月29日

君の笑い声

電波を通して聞えてくる
君の笑い声が
とてもかわいくて好きだった

何でもない話題でさえも
笑顔で聞いてくれる
君が好きだった

今も僕の耳に
僕の心に
鮮明に残っているよ

大好きな君の笑い声
posted by sun at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

消えることのない想い

何の前触れもなく君は突然
僕の前からいなくなったけど
今まで君から与えてもらった
幸せや感謝の気持は
僕の心の中から一生消えることはないから



posted by sun at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

自分のために

辛さ 悔しさ
悲しみ 苦しみ
そんな感情をどうか一人で抱え込まないで

言葉にならない思いは
涙に変えて洗い流してしまえばいい

誰かのために自分殺して生きるんじゃなく
自分のために自分活かして生きることが何よりも大切なんだから
posted by sun at 22:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

感謝

会ったこともないし
この限られた場所での繋がりだけど
僕のほうこそあなたの言葉や存在に救われています

この繋がりに感謝
本当にありがとう

posted by sun at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ありがとう

君は嘘つきだね。

「ずっと一緒にいようね」
って、君から言ってきたのに
何も言わず僕の前からいなくなっちゃうんだもん。

でも近いうちにこんな日が来ることを予感していたし
君らしい終らせ方に不思議と悲しみはなかった。

ただ、せめて最後に
「今までありがとう」って伝えたかったな。

今までと変わらず
これからも君の幸せを心から祈っています。

今まで本当にありがとう。
posted by sun at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。